会 期:2024年8月3日(金)~8月22日(木)

時 間:10:00~17:00

会 場:よねざわ市民ギャラリー(ナセBA1階) 展示室

会期中無休/入場無料

 

展示概要

子どもと文化、郷土のために駆けぬけた106年

2016年に106歳で亡くなった髙森務の回顧展。

髙森務が米沢の子どもたちや芸術文化の発展のために果たした業績を紹介します。

 

髙森務(たかもりつとむ)

2016年(平成28)満106歳で亡くなった高森務は、小学校教師として多くの子どもたちを指導した人物です。現役教師時代から人形劇団「青空クラブ」を結成し、児童センター(遊園地)や児童会館の創設・運営に深くに寄与しました。また、児童文化の向上のため1958年(昭和33)に「よねざわ子ども新聞」を発行。1967年(昭和42)に、教職を退いてからは児童文化向上と米沢の文化全体の底上げに力を尽くし、米沢とその未来を担う子どもたちに夢と希望を授ける膨大な活動にその生涯を捧げました。

また、若い頃から絵画に親しみ、中央で活躍する作家とも深く交わり、戦後の米沢における美術団体の発足に尽力。米沢美術連盟、緑光会等を結成しました。退職後、日本水彩理事長の内藤秀因に師事し、1967年(昭和42)初入選、1970年には奨励賞1979年には会員となり長年活躍、画会「火曜会」を主宰しました。

 

開催近くになりましたら、詳細な情報を掲載します。しばらくお待ちください。