オープンギャラリー

よねざわ市民ギャラリー オープンギャラリー(エントランスなどの共有スペース)
では、米沢市上杉博物館収蔵のアートコレクションの中から、置賜ゆかりの
作家による
近現代の美術作品を展示しています。

 

令和5年度 第4期 「椿貞雄と米沢の画家たち① 没後50年 土田文雄」

 

会期:2024年1月26日(金)~4月24日(水)

場 所:よねざわ市民ギャラリー(ナセBA) エントランスホール・共有スペース

概要

今回のオープンギャラリーから、米沢出身の洋画家椿貞雄に関係する作家の展示をシリーズ化して紹介します。第1回は、没後50年の洋画家 土田文雄がテーマです。椿と同じ洋画家である土田の温和な画風、豊かな色彩の世界をご覧ください。また、土田に関する二次資料、妻である土田次枝の作品、美術評論家 今泉篤男の著書も併せて紹介します。 

【作家】

土田文雄(つちだ ふみお) 1901~1973

 米沢市に生まれ、米沢中学(現 米沢興譲館高校)卒業後上京し、川端画学校で藤島武二に師事しました。1920年院展洋画部へ初入選し、洋画部解散後は春陽会、1926年からは国画創作協会・国画会へ出品しました。1932年に会友、同人を経て1943年に会員になりました。武蔵野美術大学などで教鞭をとったほか、国画会では長らくその運営にも携わりました。

土田次枝(つちだ つぎえ) 1903~1994

 愛知県松山市に生まれ、1925年に女子美術学校日本画科卒業し、土田文雄と結婚しました。油彩画へ転向し、1926年から国画創作協会・国画会へ出品。1953年に国画会会友、1958年に会員になりました。女流画家協会展にも会員として長年にわたり出品しました。

出品作品

黄衣

土田文雄

キャンバス・油彩

1952年

北国秋之行楽

土田文雄

キャンバス・油彩

1923年

夏の花

土田文雄

キャンバス・油彩

1954年

山湖(二)

土田文雄

キャンバス・油彩

1948年

海岸の小屋

土田文雄

キャンバス・油彩

1950年代

浅春

土田文雄

キャンバス・油彩

1950年

登り路

土田文雄

キャンバス・油彩

1946年

高原

土田次枝

キャンバス・油彩

1967年

スケッチブック

土田文雄

作品は全て米沢市上杉博物館所蔵。

 

展示の様子

*作品には触らずにご鑑賞ください。また、作品の前での飲食などはご遠慮ください。

 

過去のオープンギャラリー

過去のオープンギャラリーページはこちらにまとめています。

よねざわ市民ギャラリー

リンク集

banner_library2
banner_library_kids
banner_naseba_unei
banner_dg
banner_db
banner_denkoku
banner_uesugi


〒992-0045
山形県米沢市中央1丁目10番6号
市立米沢図書館
 TEL:0238-26-3010
 FAX:0238-26-3012
よねざわ市民ギャラリー
 TEL:0238-22-6400
 FAX:0238-26-0036
PAGETOP
Copyright © ナセBA All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.