オープンギャラリー

よねざわ市民ギャラリー オープンギャラリー(エントランスなどの共有スペース)
では、米沢市上杉博物館収蔵のアートコレクションの中から、置賜ゆかりの
作家による
近現代の美術作品を展示しています。

 

 

令和6年度 第1期 「椿貞雄の墨彩画」

 

会期:2024年4月17日(水)~7月24日(水)

場 所:よねざわ市民ギャラリー(ナセBA) エントランスホール・共有スペース

概要

今回のオープンギャラリーでは、米沢出身の洋画家椿貞雄の墨彩画を展示します。椿は師である岸田劉生と運命的な出会いをし、大正期の美術界に様々な新風を巻き起こしました。椿の日本画は、単なる模倣や模写ではない、自身の境地を見せるものと、実物写生に基づくあくまでも油彩画の方法で描いているため、「墨彩画」と呼ばれています。墨彩画の中でも、植物に関連した作品をご紹介します。作品を通して椿の観察眼や、椿の求めた「内なる美」の世界をご覧ください。

【作家】

椿貞雄(つばきさだお) 1896~1957

米沢市上花沢仲町に生まれ、1914年に画家を目指して上京、その後、画家 岸田劉生と運命的な出会いをします。以降、劉生と共に草土社などの設立に参加し、大正期の美術業界へ新風を巻き起こしました。この他、院展洋画部、春陽会、国画会などの美術団体へ出品しています。また、「家族」をテーマにした作品が多いことから、『愛情の画家』とも呼ばれています。

出品作品

椿貞雄

墨彩

葡萄

椿貞雄

墨彩

愛娘愛果図

椿貞雄

墨画・淡彩

1929年

七月食瓜図

椿貞雄

墨画・淡彩

1936年

椿貞雄

墨画・墨画淡

瓜図

椿貞雄

墨彩

1945年

泰山木

椿貞雄

墨・水彩

筍図

椿貞雄

墨画・水彩

柘榴

椿貞雄

墨画・墨画淡

作品は全て米沢市上杉博物館所蔵。

 

展示の様子

*作品には触らずにご鑑賞ください。また、作品の前での飲食などはご遠慮ください。

 

過去のオープンギャラリー

過去のオープンギャラリーページはこちらにまとめています。

よねざわ市民ギャラリー

リンク集

banner_library2
banner_library_kids
banner_naseba_unei
banner_dg
banner_db
banner_denkoku
banner_uesugi


〒992-0045
山形県米沢市中央1丁目10番6号
市立米沢図書館
 TEL:0238-26-3010
 FAX:0238-26-3012
よねざわ市民ギャラリー
 TEL:0238-22-6400
 FAX:0238-26-0036
PAGETOP
Copyright © ナセBA All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.